屋根外壁塗装専門店美匠

塗装の事は何でもこだわりの自社施工"美匠"にお気軽にご相談ください。

外壁塗装
屋根塗装
防水塗装
シーリング
工事の流れ

外壁塗装

外壁の塗り替えは10年が目安です。素材や環境により耐候年数は異なり、次の様な症状がないかセルフチェックを行い、当てはまるような症状がありましたら、当社へご相談下さい。自分では気が付かないまま雨垂れにより外壁のひび割れなどにより、雨が建物の躯体に侵入し、外壁の貼り替えを行う場合にはよりコストがかかってしまいます。定期的なメンテナンスが一番効果が高いのです。

外壁にこんな症状はありませんか?

外壁のチョーキング現象(白亜化)

外壁のチョーキング現象(白亜化)

外壁を手でなぞってみて、チョークのように手に白い粉が付着すると「チョーキング」と呼ばれる症状が起きています。塗料が持つ防水効果が弱まってきています。

サイディング外壁の目地コーキングの切れ・硬化

サイディング外壁の目地コーキングの切れ・硬化

本来は弾力がありますが、劣化すると固く弾力がなくなり切れてしまいます。

外壁塗膜の浮きや膨れ

外壁塗膜の浮きや膨れ

外壁塗膜の浮や膨れから剥がれにつながり、雨水が侵入します。
内部の腐食にもつながるため早めの対応が必要です。

鉄部・木部の劣化

鉄部・木部の劣化

塗膜の剥がれや木部、鉄部の腐食、サビが発生していたら早めの処置が必要です。

外壁のひび割れ(クラック)、窓廻りや浴室廻りの外壁にひび割れ

外壁のひび割れ(クラック)、窓廻りや浴室廻りの外壁にひび割れ

裂け目から内部に水が入り、建物の軸である躯体部分に腐食が発生します。早急な対応が必要です。

外壁の苔・藻の付着(特に北面)

塗膜の防水性や耐久性が失くなり、カビや藻が発生している状態です。建物の美しさを保つためにも、対策をお勧めします。

外壁が反りあがっていたりしていないか

外壁自体に浮きや反りなど発生している場合、雨漏りやシロアリ等による被害が発生している場合があります。色々な視点からの検査が必要になります。

雨樋の歪みや雨漏れはないか?

雨樋の歪みや反りが発生していると、雨水が正しく流れない為、オーバーフローが発生します。オーバーフローは建物を腐食させる原因にもなる為、対策をお勧めします。

屋根塗装

屋根の塗り替えは10年が目安です。塗装の仕上げ、素材や環境により、異なることはありますが、次の様な症状がないかセルフチェックを行い、当てはまるような症状がありましたら、屋根外壁塗装専門店の美匠へご相談下さい。自分では気が付かないまま雨が 建物の躯体に侵入し、腐食が発生します。定期的なメンテナンスが一番効果が高いのです。

屋根にこんな症状はありませんか?

屋根のチョーキング現象(白亜化)

屋根のチョーキング現象(白亜化)

屋根を手でなぞってみて、チョークのように手に白い粉が付着すると「チョーキング」呼ばれる症状が起きています。塗料が持つ防水効果が弱まってきています。

屋根塗膜の浮きや膨れ

屋根塗膜の浮きや膨れ

屋根塗膜の浮や膨れから剥がれにつながり、クラックが発生し雨水が侵入します。内部の腐食にもつながるため早い対応が必要です。

屋根のひび割れ(クラック)、屋根材のずれ

屋根のひび割れ(クラック)、屋根材のずれ

裂け目から内部に水が入り、建物の軸である躯体の腐食、雨漏れにつながります。早急な対応が必要です。

屋根に苔・藻・カビの付着

屋根に苔・藻・カビの付着

塗膜の防水性や耐久性が失くなり、カビや藻が発生している状態です。建物の美しさを保つためにも、対策をお勧めします。

防水塗装工事

日本の住宅には必ずと言っていいほど付いているバルコニーですが、バルコニーの床の防水層の傷みが原因で、傷んでいる箇所から雨水が侵入し、室内の雨漏れになるケースが多いです。当然、一年中、雨風にさらされている訳ですから屋根、外壁と同様に定期的にメンテナンスをすることが重要になってきます。耐用年数は10~15年と言われていますが、日当たりなど立地条件によって違ってきますので、ご自宅のバルコニーの状態を確認してみてください。

バルコニー、ベランダにこんな症状はありませんか?

水が溜まる

水が溜まる

水がたまるのは、防水効果が切れてしまっている可能性があります。また、塗膜が剥がれてそこにたまっていることも考えられます。

トップコート(上塗)が剥がれている

トップコート(上塗)が剥がれている

トップコートや表面の塗膜がひび割れているならそこだけ塗りかえるというのも良いかもしれません。早急にトップコートの再塗装を行うことをお勧めします。

歩いた時に浮いている感じや何か違和感がないか

歩いた時に浮いている感じや何か違和感がないか

防水層の接着面が剥離しているか、結露や雨漏りにより下地が腐食している場合があります。一度点検をされることをお勧めします。

排水口にゴミが詰まってないか

排水口にゴミが詰まってないか

防水層には排水口が設置されています。枯葉や土などがつまり上手く排水されない場合があります。定期的に清掃を行って下さい。

雨漏れしている

雨漏れしている

バルコニー下の階(天井)に水が垂れてきている場合や、家の内側に雨水等が浸入してきている場合は、直ぐ相談下さい。家の内側に水が入ると言うことは、家の中から劣化してしまう可能性があります。

軒天にシミなど出ていないか

軒天にシミなど出ていないか

雨漏りしている可能性がありますので、要注意です。そのままにしておくと室内側にまで水がまわり、腐食の原因となります。

シーリング工事

シーリング工事

シーリングは環境によって異なりますが、約5年を過ぎたあたりから劣化が始まります。劣化が始まると、防水性や伸縮性を徐々に失われ、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。美匠では、外壁塗装との適応性にすぐれたシーリング材を使用し、雨漏りを防ぐ防水性と地震などによる建物を守る耐震性を高め、建物の長寿命化に貢献します。

工事の流れ

美匠では、現場の環境整備(清潔、清掃、整頓、安全、衛生)を徹底しております。お客様一人一人にご満足いただけるよう、丁寧、確実な施工を行います。

  1. 1
    ご近隣挨拶
    ご近隣のお客様に対して、高圧洗浄や塗装中の臭気やお車の養生等の配慮をします。
  2. 2
    足場・ネット養生
    作業中の安全対策、ネット養生により近隣宅へのホコリを防ぎます。
  3. 3
    高圧洗浄・養生
    「カビ」や「コケ」などの汚れを根こそぎ洗い落とすことで、屋根外壁の痛みを防ぎ、家の寿命を延ば します。また、高圧洗浄を行う事で塗料の持つ力が100%発揮されます。
  4. 4
    下地処理・下地調整
    塗装工事・防水工事で最も重要な工程です。現場の状況にあわせて適切な下地処理を時間をかけて行います。仕上がりはこの段階で決まると言っても過言ではありません。美匠では丁寧な施工をモットーに取り組んでいます。
  5. 5
    塗装仕上げ作業
    下塗り・中塗り・上塗り
    工程ごとに、しっかりと塗装していきます。
  6. 6
    確認作業
    現場監督による検査確認チェックを行います。塗り残しがないか、お客様のご要望通りになっているか、自社基準により検査をし、お客様にお引渡しができる状態か確認します。
  7. 7
    足場解体・清掃
    検査に合格した場合、速やかに足場を撤去します。
    建物の周りを念入りに清掃して完了します。
  8. 8
    ご近隣挨拶
    工事中ご協力下さった、ご近隣の方々にお礼の挨拶を致します。